油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2019/06/18 油山探検記
油山探検記Vol.13 待たされる助手

舗装道路を歩きながら周りを見渡していると、ひときわ首を長く伸ばした植物が数本出ていました。それは空に向かって長く伸び、可憐な花を咲かせていました。 ソクシンラン 日当たりの良い草地や人里に生える多年草で、だいたい4月から5月ごろ、小さな花が咲く。花や長く伸びた茎には微小な毛に覆われる。 ソクシンランを発見! 拡大してみると… 6月、花は終わり※蒴果(さくか)が出来てい...

つづきを見る...

2019/06/17 利用規制情報
もみじ谷周回道路 修復中!

昨年7月の豪雨で崩壊した周回道路復旧工事の為、もみじ谷上側 (道しるべ番号77付近)通行不可となります。 通行禁止期間 令和元年 6月18日(火)から7月5日(金)までの予定 ※今後の天候により工事完了日が変わる場合があります。

つづきを見る...

2019/06/16 ブログ
自然案内ボランティアをはじめる講座

今日は、自然案内ボランティアをはじめる講座がある日。 この講座では“ボランティア”活動をするときの注意点や、案内の視点について講師の方々がお話をされていました。 最初の心得 ・散策する前は、注意喚起を。 最近は、マムシやムカデ、スズメバチ、ウルシなど危ない生物たちが増えてきました。散策は楽しみですが、まずは周囲の確認、それから呼びかけが必要になってきますね。 ある程度説明を終える...

つづきを見る...

2019/06/12 油山探検記
油山探検記Vol.12 目的地までが遠い

森の中は、お宝がいっぱい。 薄暗い景色の中には幽霊のように透き通った“ギンリョウソウ”と呼ばれる植物がありました。この植物は、全体が真っ白。なので葉緑素はもっていません。 光合成をやめてしまった植物なのです。 ギンリョウソウ 全体が白い植物。上に向かって生えている姿を竜に見立て、「銀竜草」と名前がついたといわれる。また、薄暗い森の中に幽霊のようにぽつんと生えているため別名を「幽霊茸...

つづきを見る...

2019/06/09 ブログ
削り馬体験会

ボランティアグループ 森を育てる会のみなさんが削り馬体験会を行いました。 削り馬とは、木工の作業台です。 足踏みで材料を固定することができるため両手を使うことができます。 空いた手に両手持ちの「ドローナイフ」を持ち、がしがし材料を削り成形することができます。 両手でナイフを持っているので、少なくとも刃で指を切る心配はありませんね。 電気工具を使わなければ、作業場所を選びま...

つづきを見る...

2019/06/08 ブログ
オリエンテーリング・ナビゲーション教室開催しました

オリエンテーリングの楽しみ方って とっても奥深い! 今は登山アプリも充実していますが やっぱりコンパスと読図の技術にはあこがれます 講師からゲームなど交えて、まずは丁寧な技術指導がありました 行きたい方角に自分をすすめるのも技術なんですね そして実際に園内の登山道を歩いてみます。 ただ歩くのとは違った達成感があります! 福岡県オリエンテーリング協...

つづきを見る...

2019/06/07 油山探検記
油山探検記Vol.11 立ちはだかるきのこたち

ツチグリを観察するためにしゃがんでみると、いろんなものが見えてくる。 よく見ると、目の前の落ち葉の形はみんな形が違うし、緑・黄色・赤・茶色…など色も様々。 何か花の跡のようなものも落ちていた。ちいさなちいさなアリたちは列を作って葉っぱのトンネルのなかへ。道のりはまだまだ遠そうだ。 そんな中見つけた、ちいさなちいさな丸いもの。 「ラッキー!ニセキンカクアカビョウタケもあるじゃん。」 ...

つづきを見る...

2019/06/03 利用規制情報
アスレチック広場 修復中

昨年7月の豪雨で崩壊したのり面の復旧工事の為、アスレチック広場ネット登り周辺の利用を一時的に使用禁止致します。 使用禁止期間  令和元年6月3日(月)から28日(金)までの予定 ※今後の天候により工事完了日が変わる場合があります。

つづきを見る...

2019/06/01 ブログ
涼しい風に誘われて

緑色の木々たちが覆っている山の中… どこからか、甘い香りが漂ってきていました。 足元を見ていると、純白のエゴノキの花が落ちていました。 季節ははやくも6月。歩けばカやブヨなど刺されるとかゆくなる生き物たちが多く見られるようになりました。刺されたくないので立ち止まらないようにはしつつも、興味のあるものがあるとつい立ち止まってしまいます。 今日はよくカエルに会う一日でした。 目の前に...

つづきを見る...

2019/05/31 油山探検記
油山探検記Vol.10 目的地へ急ぐ(走っていてもきのこだけは見える不思議…)

ざっざっざっ…ふぅ 自分の周りに聞こえてくる音は、走っているときの足音と、自分が出すはく息。 なんだか、久し振りに全力疾走したような… とおもったら、きのこが一瞬見えた。 さて、立ち止まって観察だ! 走っていても、きのこだけは見える不思議… 「ここにいるよ!」 ときのこが声をかけてくれたのかもしれない。 ツチグリ 一年中見られるだが、特に梅雨時期から秋ごろによく発...

つづきを見る...

Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス