油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/09/09 ブログ
【お花情報】ゲンノショウコ

ゲンノショウコ(現の証拠)

夏の終わりから秋のはじめまで咲くピンクのお花らしいお花。
同じゲンノショウコなのに西日本ではピンク色で、東日本に行くと白色の花になる…不思議。
油山もピンク色がほとんどで、数輪だけ白色の花を見つけました。
知らないと全く違う植物みたいです。




秋にできる種が面白くて、写真のような何とも言えない形にはじけます。
この様子から「ミコシグサ(神輿草)」という別名もついています。


そしてこのゲンノショウコはドクダミ・センブリとともに
日本の三大民間薬と言われています。
今も薬局などで薬として売られていることもあります。
下痢止め、霜焼け、炎症止め、冷え性・高血圧予防など様々な用途で使われるので
「イシャゴロシ(医者殺し)」の別名もあります。

とはいえ、お薬として使うには専門的な知識と技術が必要なので
油山ではお花と種を見て楽しんでくださいね。

写真 油山市民の森・解説 さんちゃん
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス