油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/06/04 きのこ豆知識
ダイダイガサ(橙傘)


■生える時期
梅雨時から秋にかけてみることができます。
■生える環境
主にシイなどの広葉樹の倒木や落枝などに生えてきますが、まれに針葉樹や竹にも生えてくることがあります。
↑ほとんどのダイダイガサは、広葉樹の枯れ枝に生えてきますが…
↑スギの倒木に生えている様子。大量に伐採されているスギの倒木の一本から出ていました。
↑遠くからでもひときわ目立つダイダイガサ。(竹生)
↑竹生ダイダイガサ拡大写真。この周りに数本発生していました。
■特徴
出始めの幼菌は、直径数ミリくらいのオレンジ色の小さな虫のようなものにしか見えないけれど、大きくなるにつれて平らに開いていきます。

傘の表面には橙色の綿くずのようなトケが立ち上がっています。このやわらかいトゲは雨が降ったりすると取れてしまったり、色が褪せて淡色になったりしていきます。
↑新鮮なダイダイガサの傘のいぼいぼ。

↑雨が降ると色あせてしまいます。

↑拡大写真です。なんだかトゲも少なくなっていますね。
ヒダは白色で、ヒダ同士の感覚にはややすき間があります。(粗)

柄は根元、木に生えている部分は橙色の小さなささくれを備えています。

このきのこは乾燥にも比較的強い種類になります。
ダイダイガサは熱帯から亜熱帯に広く分布する南方系のきのこで、世界では北、中央、南アメリカ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドに生息しているようです。日本では関東以西にみられます。また、ダイダイガサ属は世界に約11種類は知られているようですが、日本には1種類しか知られていません。

参考
(宮崎のきのこ 黒木秀一 みやざき文庫116)
(キノコの世界 朝日新聞)
(世界のきのこ大図鑑 東洋書林 ピーター・ロバーツ、シェリー・エヴァンズ著)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス