油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/04/11 ブログ
【お花情報】紫色のお花いろいろ

春は色とりどりのたくさんのお花が咲きますね!
今日は紫色のお花をたくさん見つけたので紹介します。

アケビ(木通)
葉っぱは5枚セットでピンク色のコロリンと丸い花が咲きます。


ミツバアケビ(三葉木通)
葉っぱは3枚セットで赤紫色のじゃらじゃらした花が咲きます。


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
よく似た仲間が数種類ある。多くの場所で見られる1センチくらいの花。


タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)
オオイヌノフグリに似るが、花が小さく茎が立ちあがる。


フラサバソウ
オオイヌノフグリに似るが、花が小さくて色が薄く全体的に毛深い。


カキドオシ(垣通し)
垣根を通り過ぎてどこまでも伸びて広がるのが名前の由来。


カラスノエンドウ(烏野豌豆)
「ピーピー豆」の花。マメ科なので豆がなったら食べられる。


キランソウ(金瘡小草)
地面をぴったり這うように広がるので、別名「地獄の釜の蓋」
薬草として色々な病気に効くと言われていたので、別名「医者いらず」


フデリンドウ(筆竜胆)
言わずと知れた春の花。
筆先をひっくり返したような花の形が名前の由来。


ホトケノザ(仏の座)
花に蜜がよくたまっているので昆虫が吸蜜に訪れる。


ムラサキケマン(紫華鬘)
うっすら日陰にひっそりと咲く花。毒がある。


ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)
花の形が鳥の鷺に似ているのが名前の由来。


シハイスミレ(紫背菫)
葉っぱの裏が紫色であることが由来だが、緑色のものもある。
スミレの仲間は見分けが難しい。


ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)
花が咲いてしばらくすると茎と葉が長く伸びるスミレ。
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス