油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2022/04/22 きのこ豆知識
シトネタケの仲間たち(褥茸)

今回紹介するきのこはよく似ている3種類のきのこ「フクロシトネタケ」「オオシトネタケ」「ナミコブシトネタケ」について書いていこうと思います^^
一見すると全く同じようなきのこに見えますが…実は違う種類のきのこたち…今回のきのこは肉眼での判断が難しい種類になりますので1種類ずつの紹介はせずに3種まとめてこのブログで紹介します!どうぞご覧ください……

■今回紹介する3種類のきのこ

↑写真を見ても違いが分からない…そもそも現地で実物を見ても間違えるのですから…byきのこちゃん
1.フクロシトネタケ
2.ナミコブシトネタケ
3.オオシトネタケ
の順番で記事をかいていきます。
■【フクロシトネタケ(袋褥茸)】■
↑渓流沿いのスギ林を歩いているときに、スギの腐朽木から生えているのを発見。
■生える時期
春(だいたい3月から5月に観察することができます)
■生える環境
さまざまな腐朽木上に生えますが、特にスギなどの針葉樹の腐朽材上で観察することができます。
■特徴
きのこ自体は大きさが3センチから10センチほどのお皿のような見た目をしています。表面は褐色でやや凸凹があります。幼菌の時はお皿のような形ですが、大きく成長すると平らに広がり外側に木に張り付くような感じで広がっていきます。

↑苔むしたスギ材にはえていました。

↑柄は短く白っぽい色をしています。
↑約一か月後、現地を訪ねるとフクロシトネタケは枯れていました。きのこの縁部分から徐々に黒く枯れていきます。
■毒きのこ
嘔吐、下痢、腹痛の他にも神経系に作用する症状も出るようです。
■【ナミコブシトネタケ(ナミコブ褥茸)】■
↑整備された登山道に生えていた個体。近くには、オオシトネタケも生えていたため危うく見逃すところでした…
■生える時期
春(だいたい3月から5月にかけて観察されますが、フクロシトネタケやオオシトネタケと比べると発生量は少ないように思います。)
■生える環境
針葉樹や広葉樹の地上に生えます。
■特徴
きのこ自体は大きさが2センチから5センチほどのお皿のような見た目のきのこです。大きく成長するときのこは反り返り地面に張り付いているような見た目になります。

↑淡い褐色をしていて凸凹した表面になっています。

↑成熟するとやや灰色がかったように見えますがオオシトネタケのようには真っ黒にはなりません。

↑きのこの表面はなめらかです。
↑断面の様子。短い柄があり白っぽい色をしています。

■毒きのこ
嘔吐、下痢、腹痛の他にも神経系に作用する症状も出るようです。
■【オオシトネタケ(大褥茸)】■
↑シイタケの古い榾木に生えていたもの。
■生える時期
春(だいたい3月から5月にかけて観察できます)
■生える環境
広葉樹の枯木や、それらの材片、チップなど散乱した地上などに発生するきのこ
。よく椎茸の古くなった榾木などでも観察することができます。
■特徴
きのこ自体の大きさは4センチから12センチほどのお皿のような形をしています。表面は褐色で凸凹があり、大きく成長するときのこは反り返り、木に張り付いたような形になっていきます。

↑幼菌の時はお皿のような、耳のような形をしています。きのこ自体はさわるとひんやりしています。

↑成熟するときのこは真っ黒くなります。

↑柄は短く、白っぽい色をしています。

↑きのこの表面はなめらかです。
↑ちなみに左はナミコブシトネタケ。右はオオシトネタケ。成熟した個体だと表面の色の違いがでていました。(あくまでも油山個体での話です。)
■毒きのこ
嘔吐、下痢、腹痛の他にも神経系に作用する症状も出るようです。
■同定のカギは「胞子」
3種類を確実に判別する方法は顕微鏡を使っての「胞子」観察になります。

シトネタケの仲間たちは、それぞれ胞子の形が異なっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「フクロシトネタケ」

胞子の形は楕円形で、表面はいぼ状です。両端には一つ尖ったような突起が見られるのが特徴です。
「ナミコブシトネタケ」
胞子の形は楕円形で、両端の突起は中央がくぼんでいるのが特徴です。(見方によれば尖っていない平たいようにも見えることがあります)
「オオシトネタケ」
胞子の形は楕円形で網目模様がはっきりと確認できます。また、両端に無数のとげがあるのが特徴です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上3種類の発生時期や特徴などを書いてきましたが、正直言うと見た目はほとんど同じで、環境によっても色や形が違う場合もあるため肉眼での同定は慎重に行う必要があります。また、判別には胞子観察が必要になりますので、自信のない場合は「シトネタケの仲間」とお話する方が良いと思われます。
■ちなみに「褥」とは
寝たり座ったりする時の敷物。やわらかい敷物。のことです。
参考
・検証キノコ新図鑑(筑波書房 城川四郎 著 神奈川キノコの会 編)
・OSO的キノコ写真図鑑(http://toolate.s7.coreserver.jp/kinoko/index.htm)
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス