油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/10/23 きのこ豆知識
イヌセンボンタケ(犬千本茸)

■時期
春から秋(6月頃から10月頃)
■生える環境
腐生菌で、切り株や朽木、または朽木周辺の苔のすき間や地面からたくさん生えてきます。

■特徴
傘の大きさは、0.8センチから1.5センチほどのとても小さくて弱々しいきのこです。きのこは全体的に半透明でもろく、初め、傘や柄には微小な毛をまとっていますが、成長と共になくなっていきます。

ひだは白色のち黒っぽくなりますが、“ヒトヨタケ”のようには液化せず溶けることはありません。

■名前の由来
「犬」とつく理由は、犬の好物だから。という意味では一切なく、日本には仏教用語から派生した言葉で「いぬちくしょう」というものがあります。これは、動物界の犬よりも劣っている行いをする人をさす言葉で、それが転じて、日本ではより役に立たない(有用ではない)物に対して「イヌ」をつける風習があったそうです。イヌセンボンタケ自体は食毒不明ですが、とてももろく、儚く、弱々しく…これを食べようとは確かに思いません。そのため、「犬」という名前を例えて付いているのではないかと思います。また、このきのこが生えるときに数千本から数万本生えることも多くあります。なので「千本茸」という名前がついたようです。

■菌糸塊(ozonium)の存在
イヌセンボンタケは、ナヨタケ科キララタケ属のきのこです。野外ではほとんど見ることは無いけれど、イヌセンボンタケを培養すると培地全体に黄褐色の菌糸塊(オゾニウムozonium)をつくることもあるそうです。この特徴オゾニウムを形成する「コキララタケ」と同じ特徴になりますね。この点からも両種は近い仲間であることが言えるのだと思います。
↑茶色いけばだったようになっているやつ。写真はコキララタケの菌糸塊(オゾニウム)
■イヌセンボンタケとタシロランとの関係
最近の研究で、ラン科植物の「タシロラン」と関わりが深いことがわかりました。
このページでは、タシロランがどのような植物なのか書いていきたいと思います。

タシロラン(田代蘭)は、葉緑素をもたない真っ白い植物になります。明治39年、長崎で田代善太郎が発見したのでこの名前がつきました。

この植物は、菌類との関わりを持たないと成長することができない「菌従属栄養植物(きんじゅうぞくえいようしょくぶつ)」あるいは「菌寄生植物」といわれる植物です。漢字がならんで難しいように聞こえますが、分かりやすく言うと、きのこの菌糸にとりついて栄養を奪っている植物のことを指しています。(次回特別編にて、詳しくお話します)
■さいごに
イヌセンボンタケはぱっと表れてはぱっと消えてしまう儚いきのこですが、出会えるとやっぱり嬉しいものです。いつもは、写真を撮って眺めているだけだったけど、植物との関係が深いことが分かって「それぞれの役割」があることをちょっとだけ知ることができました。無駄なことはなくて、日々何かを感じられる時間はとても大事で、気が付いたらそれが「力」になっているのかもしれないですね。私もがんばろう!
■参考
<書籍>
日本のきのこ(山と渓谷社 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編解説)
森を食べる植物(岩波書店 塚谷裕一 著)
くらべてわかるきのこ(山と渓谷社 吹春俊光 監)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス