油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2019/06/12 油山探検記
油山探検記Vol.12 目的地までが遠い


森の中は、お宝がいっぱい。
薄暗い景色の中には幽霊のように透き通った“ギンリョウソウ”と呼ばれる植物がありました。この植物は、全体が真っ白。なので葉緑素はもっていません。
光合成をやめてしまった植物なのです。

ギンリョウソウ
全体が白い植物。上に向かって生えている姿を竜に見立て、「銀竜草」と名前がついたといわれる。また、薄暗い森の中に幽霊のようにぽつんと生えているため別名を「幽霊茸」とも言われている。ギンリョウソウは、きのこ(ベニタケ類)から栄養を奪い生活している植物。
油山でも4月から6月初旬ごろ、主にブナ科の樹木のまわりで見ることが出来る。

植物体は真っ白で、本当に植物なのか疑ってしまう…

ギンリョウソウの根元は、ベニタケ類の菌根で覆われている。(茶色くてプチプチしているものが菌根)

神秘的な植物は、ひっそりと、静かに見送っているようでした。

(Vol.13へ https://www.shimi-mori.com/news/detail.php?news_uuid=19815029055d0851c72aa799.8945811

油山探検記とは?
https://www.shimi-mori.com/news/detail.php?news_uuid=489825435cc6791b553001.57076737
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス