油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2019/06/16 ブログ
自然案内ボランティアをはじめる講座

今日は、自然案内ボランティアをはじめる講座がある日。
この講座では“ボランティア”活動をするときの注意点や、案内の視点について講師の方々がお話をされていました。

最初の心得
・散策する前は、注意喚起を。
最近は、マムシやムカデ、スズメバチ、ウルシなど危ない生物たちが増えてきました。散策は楽しみですが、まずは周囲の確認、それから呼びかけが必要になってきますね。

ある程度説明を終えると、散策開始。
開始間もなく、ツチグリ(きのこ)の発見です。
しかし、いつものツチグリとは様子が違いますね…
それもそのはず、これはツチグリの“幼菌”。ちなみに成菌はこちら。

ツチグリの解説が終わったところで、5歩ほど歩くと次の発見が…

ちょうど“テイカカズラ”の花が見頃のようですね。
ふと足元をみてみると、花跡がたくさんおちていました。

カメラで生物を撮影すると、いつも置いていかれます…
ひとまずは追いつくことが出来ました。

追いついた場所では、始めの話にあった危ない生物のひとつ“ウルシの仲間”の話をしていました。今、先生が話しているのはウルシ科の“ヌルデ”という植物です。ヤマウルシやハゼノキと比べるとかぶれる可能性は少ないといわれているが、同じウルシ科。人によってはかぶれるおそれがあるので注意しましょう。
さて、今日は水の森方面に足を運びます。
なんでしょう。みなさん、休憩所の下をのぞいています。
ありじごく(ウスバカゲロウ幼虫の巣)があったようですね。

さて、散策も終盤。
目を閉じて耳をすませば、聞こえる音がありました。
今日は、ヒヨドリが主役の森の中では他にも虫の声が聞こえてきました。

あっという間に、散策は終了。
普段目にしないような、新しい発見があったようですね。
(岩間)
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス