油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2019/06/07 油山探検記
油山探検記Vol.11 立ちはだかるきのこたち


ツチグリを観察するためにしゃがんでみると、いろんなものが見えてくる。
よく見ると、目の前の落ち葉の形はみんな形が違うし、緑・黄色・赤・茶色…など色も様々。
何か花の跡のようなものも落ちていた。ちいさなちいさなアリたちは列を作って葉っぱのトンネルのなかへ。道のりはまだまだ遠そうだ。

そんな中見つけた、ちいさなちいさな丸いもの。
「ラッキー!ニセキンカクアカビョウタケもあるじゃん。」
早口言葉をいっているかのように長く、とても言いにくい名前のきのこを見つけた。

ニセキンカクアカビョウタケ
広葉樹の落ち枝に発生するよくみられるきのこ。表面(子のう盤)は橙色や黄色。大きさは5ミリほど。もともと、名前にある“ビョウタケ”とは画鋲のように枯れ木に刺さって生える姿から名前がついているようだ。

ニセキンカクアカビョウタケを見つけた。

どのくらいの大きさかというと…
手のひらにのせると、どれくらい小さいのかがわかると思います。小さなオレンジ色のものが“ニセキンカクアカビョウタケ”。
“ビョウタケ”の名前の由来は、画鋲のように木に刺さっていること。だけど…写真じゃよくわからないなぁ…絵で描くとこんな感じかなぁ。

(Vol.12へ https://www.shimi-mori.com/news/detail.php?news_uuid=2078493855d00509b734129.93501260

油山探検記とは?
https://www.shimi-mori.com/news/detail.php?news_uuid=489825435cc6791b553001.57076737
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス