油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/10/15 きのこ豆知識
ウラムラサキ(裏紫)

■生える時期 夏から秋にかけてみることができます。 ■生える環境 任意的菌根菌と言われています。林内地上に普通に生えてきますが、発生する場所の特定が難しいきのこのひとつです。(広葉樹林や針葉樹林の地上、わき道のような場所にでることもあります) ■特徴 傘の大きさは、1.5センチから3センチ、はじめはまんじゅう型をしていますがだんだんと平らに開いていきます。 ↑ウラムラサ...

つづきを見る...

2021/10/08 きのこ豆知識
ニオイワチチタケ(匂輪乳茸)

■生える時期 夏から秋にかけて観察することができます。 ■生える環境 主にブナ科(クヌギ・コナラ・シイ・カシなど)の木の周辺に生えてきます。公園などでも見ることができる比較的身近なきのこです。 ↑普通に公園を歩いていたら見つかったニオイワチチタケ。でも、この日はすごく蚊がいて大変でした… ■特徴 傘の大きさは2.5センチから4.5センチくらいで、色は褐色、淡い橙褐色。やや中...

つづきを見る...

2021/10/01 きのこ豆知識
コツブタケ(小粒茸)

■生える時期 梅雨時期から秋にかけて観察することができます。 ■生える環境 菌根菌で、海岸や河原のマツ林、ときに雑木林内や庭園などの地面からポツン、ポツンと生えます。まれに切り株の上に生えている個体も見られます。一見すると、小石のようにも見えます。 ↑海岸に生えているクロマツの周りに生えていました。 ↑アカマツの切り株から生えていた個体。 ■特徴 きのこ自体は丸い形をして...

つづきを見る...

2021/09/24 きのこ豆知識
キイボカサタケ(黄疣傘茸)となかまたち

↑昨年のYouTube ↑キイボカサタケリメイク版 ■生える時期 5月から10月頃まで観察することができます。 ■生える環境 広葉樹林内や針葉樹林内の地上に発生します。低地でも亜高山帯でも見られるきのこで、一本見つかればその周りにも生えていることが多いです。 ■名前の由来 黄色い傘をしていて、傘の上にポツンと“いぼ”があることから、この名前がつきました。 ■特徴 傘の...

つづきを見る...

2021/09/17 きのこ豆知識
オチバタケのなかまたち(落葉茸)

■生える時期 ハリガネオチバタケ、ハナオチバタケ、スジオチバタケともに夏から秋にかけて観察することができます。 ■生える環境 落ち葉がたまっている場所(公園の隅にたまっている落ち葉や、森の中の落ち葉だまりに発生することが多いです) 今回は、3種類の「オチバタケのなかま」たちを紹介します。 ■ハリガネオチバタケ(針金落葉茸) ハリガネオチバタケは落ち葉から生えます。傘の大きさ...

つづきを見る...

2021/09/10 きのこ豆知識
ヤナギマツタケ(柳松茸)

■生える時期 6月頃から9月ごろまで見ることができます。 ■生える環境 広葉樹(ニレ、ニワトコ、ヤナギ、ポプラ、エノキ、カエデなど)の古い幹や切り株に束生します。 ↑サクラの木に生えていたヤナギマツタケ幼菌。 ■特徴 傘は5センチから15センチ、表面は黄土色から褐色で、平滑ですが場所によってはシワが目立つ個体もあります。 ↑傘の表面のしわがあまり目立たない個体 ...

つづきを見る...

2021/09/03 きのこ豆知識
ツクツクボウシタケ(つくつく法師茸)【追記】

↑昨年のYouTube ↑ツクツクボウシタケリメイク版 ■生える時期 ↑昨年のYouTubeです ↑ツクツクボウシタケ リメイク版 ■生える時期 だいたい6月から11月頃まで観察することができます。 ■生える環境 寄生菌で、主に地中にいるツクツクボウシの幼虫から発生します。まれにアブラゼミなどのセミからもでてきます。 ■特徴 「ツクツクボウシ...

つづきを見る...

2021/08/27 きのこ豆知識
ケガワタケ(毛皮茸)

■生える時期 春から秋にかけて観察できます。西アフリカから東南アジアに分布する熱帯性のきのこで、九州地方ではごく普通に見られるきのこです。ちなみに日本国内で初確認されたのは、1913年に東京の目黒にあるカシの朽木に生えていたのが初めての記録とされています。 ■生える環境 白色腐朽菌。広葉樹の枯れ木、落ちた枝など(サクラ、カエデ、ナンキンハゼなど)にたくさん生えています。わりと人通...

つづきを見る...

2021/08/20 きのこ豆知識
ミダレアミイグチ(乱網猪口)

■生える時期 梅雨時期から秋にかけて観察することができます。わりと局所的なイメージです。 ■生える環境 庭園(主にケヤキやイロハモミジなどの木の下)・草原・田の畦などに出現します。きのこちゃんがよく観察するフィールドでは、イロハモミジの木の下に生えていることが多いです。 ■特徴 傘の縁は、はじめ内巻きですが大きく成長すると波打ったような形になります。きのこの形は、ソラマメ型、...

つづきを見る...

2021/08/13 きのこ豆知識
ベニウスタケ(紅臼茸)

■生える時期 夏から秋にかけて観察することができます。少数がまとまって発生します。 ■生える環境 シイ・カシ、アカマツなどの混合林の地上で見ることができます。わりと、人里に近い場所でよく見られます。 ■特徴 幼菌の時は、つぶのような形をしていて一見きのこはみえません… 成長すると、傘の色はとても鮮やかで、赤色のものもあれば、オレンジ色のものもあります。森の中にいると目立ちま...

つづきを見る...

Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス