油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/07/11 きのこ豆知識
ヤコウタケ(夜光茸)

■生える時期 梅雨時期から夏ごろ(特に雨の多い日に見られるきのこ) ■生える環境 広葉樹の枯れ木や竹、フェニックスロベレニーやビロウなどのヤシ科植物などに発生します。福岡県内では広葉樹(シイ・カシなど)と竹に見られます。 ■特徴 ヤコウタケは日本に発生する光るきのこの中で最も強い発光をもつことでも知られていて、夜に光る「夜光茸」という名前ですが、一日中光っています。 傘の大きさ...

つづきを見る...

2020/07/04 きのこ豆知識
キイボカサタケ(黄疣傘茸)

■生える時期 5月から10月頃。 ■生える環境 広葉樹林内や針葉樹林内の地上に発生します。低地でも亜高山帯でも見られるきのこで、一本見つかればその周りにも生えていることが多いです。 ■名前の由来 傘の上にポツンと“いぼ”があることから、この名前がつきました。 ■特徴 傘の大きさは、1センチから4センチほど。傘は円錐形や鐘形などで、大きくなると傘の縁が波打つ個体もあります。傘の...

つづきを見る...

2020/06/27 きのこ豆知識
ツノマタタケ(角又茸)

■生える時期 梅雨時期から初冬にかけて(福岡県内では、5月から12月に見ることができます。) ※雨が降らないとなかなか姿をあらわしませんが… ■生える環境 主にマツやスギなどの針葉樹に多く見られますが、まれに広葉樹に生えることもあるようです。意外と、公園に設置されているベンチや板看板などにも生えることがあります。(木材腐生菌) ↑油山市民の森園内に置かれていた木製飛行機からでてい...

つづきを見る...

2020/06/19 きのこ豆知識
きのこの役割(番外編)

今回の「きのこちゃんのきのこ図鑑」は番外編…第一回目から九回目まで紹介してきたきのこたちに再登場していただきました。そこで、今回の「きのこ豆知識」では自然界に住んでいるきのこたちの役割について書いていきたいと思います。 まずは、こちらをご覧ください。一見するときのこがたくさん描かれている絵です。しかし、これはある法則で分けられています。 さて、その法則とは一体何でしょうか…? ...

つづきを見る...

2020/06/13 きのこ豆知識
キヌガサタケ(衣笠茸)

■生える時期 梅雨時期と秋(特に雨が降り続いた後) ■生える環境 竹林で見られることが多いですが、まれに竹林跡や広葉樹林内で見られることがあります。 深夜から明け方にかけてきのこがでてきます。(非常にまれに昼過ぎに出てくるものもあります) ■特徴 子実体は初めはまんまるい卵型として地上に現れます。大きさはだいたい5センチから8センチで指で押してみると弾力があります。袋(殻皮)の中は...

つづきを見る...

2020/06/06 きのこ豆知識
カニノツメ(蟹爪)

■生える時期 5月から11月頃(梅雨時期にとくに多い) ■生える環境 竹林、林道、もみがら、おがくずなど腐植が多い地上に発生します。 ■特徴 幼菌は、径1センチから2センチの白色で卵形、球形です。 熟すと殻皮(袋)をやぶり高さ5センチから7センチの腕(托枝)をあらわします。 写真は、殻をつきやぶって伸びだしている様子。 腕(托枝)は上部が細まりながら弓状にまがったよ...

つづきを見る...

2020/05/29 きのこ豆知識
ヒトクチタケ(一口茸)

■生える時期 4月から10月くらいまで(一年中形が残っていることもあります) ■生える環境 枯れてまもないアカマツやクロマツなど。または、切り倒されたマツなどの倒木に生えています。 ■特徴 ヒトクチタケは傘の大きさが2センチから5センチ程度、全体はクリの実に似て丸い。傘の表面はニス状の光沢があり、湿っけているとノリみたいにペタペタします。またさわった手には薄い皮が付着することもあ...

つづきを見る...

2020/05/24 きのこ豆知識
ヒメヒカリタケ近縁種(姫光茸)

※先日配信をしました“ヒメヒカリタケ”につきまして、特徴(菌糸束やヒダの側脈など)や発生状況を見てみると別種である可能性が高いことが判明しました。また、国内に分布するヒラタケ型の小型発光菌は予想以上に多いものと推測されるため、外観的には特徴が似ていても、詳細に調べていけば別の種類であることも予想されます。以上のことをふまえて、今回放送したきのこは“ヒメヒカリタケ近縁種”として訂正させていただき...

つづきを見る...

2020/05/15 きのこ豆知識
タイワンアリタケ(台湾蟻茸)

■生える時期 場所にもよりますが、1年中観察することができます。 ■生える環境 山の中で一年を通して湿度の多い場所。例えば、森の中の沢沿いや滝付近。夏でもちょっとひんやりする場所に生えていることが多いです。そして、その場所にある常緑植物(フユイチゴ、シダ植物、アラカシなど)の葉の裏側についています。 ■特徴 チクシトゲアリなどのアリの成虫に寄生します。気生型(木の枝幹、葉...

つづきを見る...

2020/05/08 きのこ豆知識
コッコミケスの仲間(和名なし)

■生える環境 初夏から秋。ただし、福岡県内では1年中観察することができます。 ■生える環境 タブノキ、スダジイ、ヤブツバキなどの常緑広葉樹の落ち葉に生えているのをよく見かけます。森の中では特に、水が流れている近くにいることが多いように思います。 葉っぱを拡大すると…三角形の黒いものがついています。これがきのこなのです。 ■特徴 きのこの大きさは0.5ミリから1ミリほどの...

つづきを見る...

Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス